食品包材     (耐油紙・吸保水紙)

耐油紙とは

食品を包むための耐油紙は、フィルムをラミネートしたタイプ、フッ素樹脂を用いたタイプ、フィルムもフッ素樹脂も使わずに耐油性をもったノンフッ素タイプがあります。

機能

紙の表面についた油のしみ込みを防ぎます。耐油性は油浸透性試験※で、30分間を示しています。
※ 油浸透性試験とは、旧JIS規格P8146-1976で定められた試験法を指しています。

ノンフッ素耐油紙は紙の層全体が緻密に
なって油のしみ込みを防いでいます。

フッ素樹脂を使った耐油紙は紙表面にある
フッ素樹脂の表面張力で油をしみ込ませない
ようにします。

特長

1. 油によるにじみがありません。
2. 電子レンジで加熱しても環境に蓄積する物質は出ません。
3. 食品包材としての適性を持っています。

ノンフッ素タイプの規格

種類 形態 寸法 連量 包装
35NFC 平判 900mmX600mm 18.9kg 500枚
50NFB 平判 600mmX900mm 27.0kg 500枚
<フッ素樹脂タイプ>
・ 薄物から厚物まで各種取扱っております。
   受注生産品となりますので、寸法・数量等につきましてはお問合せ下さい。

用途例

揚げ物やケーキなどの食品の油をしみ込ませない敷紙として、
その機能を発揮します。
のりづけして袋状にすることも可能。
食品を入れても、油が外にしみ出ず、手を汚さずに持ち運べます。

吸保水紙とは

鮮魚のドリップ吸収・生鮮野菜の乾燥防止のため水分を保持し品質を維持する。
※各メーカー品を取り扱っております。
受注生産品となりますので、寸法・数量等に付きましてはお問合せ願います。